FC2ブログ

Entries

復活!房総鋸山トレイルランレースに参加しました

昨日はジム活納めだったちょこです。
気がつけばもう年末。早いわ~。

今年最後のレース振り返り。

11月の石和トレイルが終わり、
12月に予定していた足立フレンドリーも台風の影響で
中止になってしまい、ふと、気づく。

そいえば、令和になって最初に参加した
成木の森トレイルもDNF。石和トレイルもDNF。

はっ!∑(゚Д゚)

このままでは私の令和元年はDNFで始まり
DNFで終わってしまうではないか!

そんな時にツイッターでおっT仲間のだ~まえさんが
12/15開催の鋸山トレイルに申し込んだのを知り、滑り込みでエントリー。

ダブル(28㎞)とシングル(15㎞)の部があり
もちろんシングルです。

当日は応援の夫の運転でアクアラインを通って
浜金谷港へ。

海沿いの駐車場に車を止めると周りには
釣りをしてる人もたくさんいました。

フェリー乗場の側で受付。
その後、近くのガストで朝ごはん。

9時過ぎに再びスタート地点まで戻ると

いました!おっT仲間の皆さん。



ダブルに参加の鈍足親父さん、だ~まえさん、ミヨさん
シングルに参加のMurasakiさんに、サプライズ応援の40sおやじさん!

9:30にダブルのスタート。

いってらっしゃいーと見送って。

そして10:00 シングルの部がスタートしました。

スタートしてしばらくは海岸線のロード。
序盤は上り基調でしたが何とか走れてる。

2㎞過ぎくらいで大きく右折して金谷の住宅街へ。
家の前で応援してくれている人もいて頑張ってーと
声をかけてくれる。

この辺も台風被害で大変だったろうに、本当にありがとうございます。

住宅街では細い道のところで多少渋滞はあったものの進んでいくと
40s親父さんの姿が!
スタート地点から移動して応援してくれました。



40s親父さん、写真も撮っていただきありがとうございます!

そしてトレイルの入り口の階段に到着。
もちろん渋滞。



だ~まえさんが試走をしてくれて400段くらいあると聞いていたので
心して登ります。

階段の後は山道を進んで行くと滑らかな階段を登ります。
昔石切り場から切り出した石を滑らせて運んだんだそうです。



石切り場跡が見えてきて。

山の中にこんなのあるの凄いな~
なんて思いながら進む先に、でた!
絶壁階段!


鈍足親父さん撮影

ほんとに手すりに頼らないと登れない。。。
パンプやってて良かったと思うw(胸筋!)

ヒーコラ登り始めた時に後ろからダブルのトップが
追いついてきた!速っ!

そしてようやく鋸山の頂上。なめるな低山!ですね。



頂上付近は気温が低くて体が冷えそうだったので早々に移動。

トレイルを進んでいて、ふと気づくとお一人様状態。
ああ、ここでもか(´Д` )



一瞬不安になるようなところでもこのリボンに助けられました。

しばらくすると、ダブルの早いランナーが
下りを飛ばして下りてくる。

気配を感じてそそくさと道を譲ると、
ありがとうございます!と言ってあっという間に見えなくなる。

みんなカッコいいな~。

鈍足親父さんや、だ~まえさんに追いつかれちゃうかもと思いながら
進んでいくと前方にスタッフさん。

エイドですよ~バームクーヘンありますよ~(^^)

やったー!と言いながらエイド到着



バームクーヘンとバナナ、スポドリやコーラをいただきました。

後半はほぼ林道の下り。
下りなので走れます。

長い長い下りを、長いな~なんて思いながら走っていたら
何かにつまづいたのか、バランスを崩してそのまま転びました(泣)

いったーい!と思わず口から出たけど、
ちょうど周りに誰もいなくて独り言に終わりました(泣)

幸いなことに手袋もタイツも破れず。たいした怪我もないのを確認して
進みました。

ようやく林道が終わって、最初に走った海岸線に戻ってきて。



ゴールの手前に夫を発見。ただいまーと言って
ゴールゲートをくぐりました。

ゴール後は記録証を受け取り、金谷名物のカジメ汁が振舞われていていただきました。



おっT仲間のダブル組のゴールを見届けたかったのですが
所用があってそのまま会場を後にしました。

何とか令和元年最後にゴール出来て良かったです。
台風被害の中、コースを整備して大会開催していただいた
スタッフの皆様、地元の皆様をはじめ、大会に携われた全ての皆様に感謝です。

ありがとうございました!

おしまい
スポンサーサイト



第6回石和・春日居温泉郷トレイルラン〜その2

職場に卓上加湿器を置いたちょこです。
乾燥してますね~。静電気怖い(´Д` )

石和トレイル続き。

10㎞のエイドを出発すると下りが続いていて。
ここは気持ち良く進む。
落ち着いて周りを見ると紅葉が綺麗。



いいねいいね~♪

なんて思っていたのもつかの間、
その先に待ち受けていたのは



じゃん!鎖場!ひゃー!

一気になんてとても登れず。休み休み登って。
お一人様状態なので他の人の邪魔にならないのが救いか。

途中にスタッフさんがいてくれて
ここが一番キツイですから。この先は落ち着きますよーと。

ようやく鎖場を登りきって、少し進んだところ
左手に見えました。



富士山!
見えたー!と1人叫ぶw

しかし、ここからが長かった。

登って下ってを繰り返すコース(しかも上り基調)に
いつまで続くの?と途方にくれる(´Д` )

次のエイドまで後どれくらいかなぁなんて
考えてたら後ろから
頑張ってくださーい!と声が。

見ると最後尾と書かれたゼッケンをつけた女性。
おお、スイーパーさんだ。

思わず、出た!って言ったような。。。
(大変失礼いたしました。。。)

少し進んだところで、もう限界。

スイーパーさんに、もう関門時間ですよね?と聞くと

あと15分、頑張れますか?と。


無理です。。。(泣)


先行しますのでマイペースできてくださいね!
後からスタッフも来ますから!

と仰ってあっという間にスイーパーさんは見えなくなりました。。。

上り下りの繰り返しはまだ続く。15分もあっという間に過ぎて。

エイドに何分遅れて着くかな。10分くらいかな?なんて思っていましたが
甘かった。。。

15分、20分と過ぎていって。

ひーこら進んでようやく下り基調。
そしてようやくようやく、エイド到着。

関門時間13;15に対して30分遅れでした。
ああ、なんて身の程知らず。

スタッフの方に遅くなってすみません。。。と恐縮していると

大丈夫ですよー。まだ後ろにもランナーがいますから。
と、飲み物や食べ物を進めてくれて。
DNFなのになんて優しいの!

エイドの撤収をしつつ、私の後から到着した4人のランナーさん共々
車でゴール会場まで送ってくださいました。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。

会場を後にして、石和温泉駅に近い旅館で日帰り湯に入りました。
(選手は500円で近隣の旅館の日帰り湯が利用出来ます)
気持ち良かった~。

さあ帰ろうと思ったところに、夫の携帯に
大会事務局から落し物(私の携帯!)を預かっていると電話が!
(ここまで携帯を落としているのに気づかず。。。)

しかも私達のいる場所まで届けてくれるという神対応!

到着した車の助手席からスポーツエイドジャパン代表の舘山さんが
また来てくだいねと言いいながら携帯を手渡してくださいました。

本当に本当にありがとうございます!
スポーツエイドジャパンさんに足を向けて寝れません!

そんなわけで、DNFな上に、最後にやらかしましたが、

ワイナリーや紅葉も温泉も楽しめて、エイドも豊富、参加費もお安い!
おススメ大会なのは間違いありません!

鍛え直して来年もエントリーするぞと誓ったのでありました。
(30㎞じゃなくて11㎞の部かもだけどね!)

大会に携われた全ての皆様に感謝いたします。
特に今回は事務局を始めスタッフの方々に大変お世話になりました。

ありがとうございました!

おしまい

第6回石和・春日居温泉郷トレイルラン〜その1

先週からダウンを着て通勤しているちょこです。
すっかり冬らしくなってきましたね~

11/24に行われた
第6回石和・春日居温泉郷富士山眺望トレイルラン&ウォークに
参加して参りました。(ちょっと大会名が長いw)

調子に乗ってこれまでのトレイルで最長の30㎞の部に申し込み。
制限時間は7時間。

でも前月の金沢マラソンで5時間半近いタイムを叩き出し
大丈夫かな。。。と思いつつ。

前日に中央道を通って石和へ。

途中のSAでほうとうを食べたり。


天気は家を出発するところから雨模様でしたが
笹子トンネルを抜けると、雨が止んでおりました。

無事に前日受付のある山梨マルスワイナリーに到着。



受付を済ませてちょっとだけワイナリーを覗くと。。。



ひねるとワインが出てくる魔法の蛇口がw

入口のところに無料の試飲があるのですね~。せっかくなので
ちょびっとずつ試飲しておきました。

今回は参加は見送りましたがこちらで大会のウェルカムパーティーも
開催されて選手は無料で参加出来てワインも飲めるとのこと。

そのまま宿に移動。ほんとは温泉旅館とか泊まりたかったけど
混んでたりコスト面からルートインに宿泊。

夜は近くの居酒屋で軽く済ませて23時くらいに就寝しました。

当日は5時半起床、身支度を済ませてホテルの朝食バイキング。

7時半にホテルをチェックアウトしてスタート会場へ。

明け方はちょっっと雨が降っていたもののスタート直前で
晴れてきました。



8:30、30㎞の部がスタートしました。

最初は舗装された上り坂なのですが。。。
最初からキツイ(´Д` )

ヒーコラ上るも周りはどんどん進んでいって
ふと、後ろを振り返ると数人しかいない。

やべぇ。ビリになるかも(汗)
舗装路から林道ぽくなって傾斜も緩やかになってくると
何とか走るも上りが続くと歩く歩く。

気がつけば早くもお一人様ハイキング状態になっておりました。

うーん、いつもよりお一人様状態になるのが早い。。。

しかもキツくて写真を撮る余裕もなし(泣)

2㎞あたりで最初のエイド。
確か飲み物をいただきました。

その後も上りが続き。。。動きも鈍くなってきて。
うーん、なかなか進まない。

5㎞あたりのエイドではお稲荷とかいただきました。
「次のエイドまで5㎞くらいありますよ~」と言われ。

次のエイドは関門となっていて。
ヤバイ。これは関門に引っかかるのでは?とマジに
心配になってきておりました。

その後もヒーコラ進みます。
雨上がりのトレイルは泥々のところもあったけど
さりーさんや、ゆみさんとかピューっと走れるんだろうなぁ
なんて思いながら進んでおりました。

ようやく10㎞過ぎのエイドに到着したのが10:50、
関門時間30分前。

ギリギリかと思いきや30分前ならまだ良かったか。

なんてちょっと安心したんですけどね。。。

長くなったので続く。

くらべてみました。

風邪が中々抜けないちょこです。
気候も体調もイマイチだな〜。

さて、4〜6月は月イチでトレイルの大会に参加したので
3つ、くらべてみました。

①距離 ②累積標高 ③最高地点 ④制限時間 ⑤関門 
⑥参加費 ⑦エイド ⑧結果

<もろやまトレイルラン>
①24㎞ ②1296m ③約500m(一本杉峠) ④6時間 ⑤1ヶ所(17.3㎞:4時間15分)
⑥4300円(*1) ⑦5ヶ所 ⑧完走(5時間9分台)

<成木の森トレイルラン>
①20㎞ ②不明(*2) ③969m(棒の嶺) ④4時間15分 ⑤1ヶ所(黒山12㎞:130分)
⑥6000円 ⑦2ヶ所? ⑧DNF(黒山関門アウト)

<菅平スカイハーフ>
①22㎞ ②1291m ③2127m(小根子岳山頂)④7時間 ⑤1ヵ所(20㎞地点:6時間30分)
⑥8000円(+宿泊費) ⑦3ヵ所 ⑧完走(4時間45分台)

(*1)参加賞のTシャツ有りの価格。Tシャツ無し3800円
(*2)今回は累積標高の表示なし。昨年は1157mと記載)

どの大会もお天気に恵まれたのが幸運だったと思います。

菅平は遠征だし、2000m級まで登るしで
チャレンジレースと位置づけしたけど、
こうして比べて見ると、どれもチャレンジだったのでは?(^^;;

でも、どれもまた参加したい大会です(^^)

コスパ最高!もろやまは次は5時間切りたいし
気持ちの良いトレイル!成木の森は宿題提出に行かなくちゃ!
ゲレンデを走る!菅平でハイジの気分もまた味わいたいな♪

あとトレイル初心者としては
トレイルはロードの倍の時間が掛かるというのを
実感した次第です。

ってことは、もっと長いトレイルに出たいなら
倍のロードの大会にも出ないといけないような…(え?

何はともあれ、まだまだお山を楽しみたいなーと思います。

おしまい

12th スカイライントレイル菅平その4~アフターなど

湿気にやられ気味のちょこです。
早く梅雨明けしないかなぁ。

菅平レポ最終。

ゴールしてスポドリを頂き、完走証も受け取ります。



無事に目標だった5時間を切れてゴールできて嬉しい。

コンビニに寄ってアイス食べたりしてから宿に戻ります。

菅平のセブンには大量のプロテインが売ってましたw



さすが体育会系合宿のメッカですね。

宿に戻ってお風呂に入って。
朝食の時に一緒だったグループの女性たちとお風呂で会って
お疲れ様でしたーと挨拶を交わして。

こちらの4人組(ご夫婦2組)はレースの途中でもよく見かけたけど
4人仲良く走っていて楽しそうでした。

お風呂上がって夕飯までのんびり。
そう、今回は後泊も取って同じ宿にお世話になりました。

今回の参加賞のTシャツとパスタとパン。



Tシャツ結構カッコ良くて気に入りました。

夕飯の頃にはかなり雨が降ってきて。
レース中にこんな雨にならなくて本当に良かったと安堵。

宿ではストーブも。



翌朝は起きると雨も止んでいて。午前中はお天気持ちそう。

宿をチェックアウトして向かったのは、上田城跡公園。

真田神社にもお参りして。



結構広い公園で近くにあったら散歩にくるよねーなんて
夫と言い合いながら散策。
散策後に帰宅の途につきました。

新緑の青さも印象的だったスカイライントレイル菅平、
今年前半のチャレンジレースとして臨みましたがとても楽しかったです。

スカイハーフの部は制限時間も関門も緩いので
トレラン初心者の方にもオススメです。
ナウシカやハイジの気分になれますよw

いつか50㎞の部にも挑戦できるかわかりませんが
また菅平に行きたいです。
そしてスキーもまたやりたくなりました(^^)

大会に携われた全ての皆様に感謝します。
ありがとうございました!

おしまい!

Appendix

プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
イイ歳してブログを始めてみました。日々の雑事やジム通い他。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる